偏愛ドリップガール

気持ち悪くなる程度に愛してる

アクセサリー的なことば

強い言葉。

 

意思とかそういうんじゃなくてただただ、押し付ける意味合いの言葉。

 

凄く多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は音楽的なことで自分語りをするのが非常に苦手だ。

 

MCすらこわい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の曲の成り立ちとか話してみるけど、やっぱ違う。

 

話すことがスタイルの人もいるし私もやってみたけど、

 

私のスタイルにはあんまり合わない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人それぞれ表現の仕方って違うんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからメディアがいる

 

小説家がいて

 

画家がいて

 

評論家がいて

 

ブロガーがいて

 

たっくさん表現する人がいる中に

 

 

 

 

音楽を作る側、奏でる側もいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はその中でも、あたかも啓蒙させるかのような、

 

 

”強い”言葉を使い、自分のもともと持つ表現を捨てる人があまり好きでない。

 

 

 

っていうか、きらいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音楽をする。

 

……歌を作る。歌う。奏でる。

 

 

 

聞いてほしくて、気にいってもらえたら知ってほしくて

 

私はネットにちょびちょびいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

 

どうしても見るたびにモヤモヤすることがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あたかも自分が万能であるかのように、

 

 

あたかも自分が正しいかのごとく、

 

 

他人の行いを否定する

 

 

そういう人と、私は一生相容れない。

 

 

 

 

(音楽以外のことでもそう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私のTwitterを見ている人は度々感じているとは思うのだけど、

 

 

 

 

己を省みれない人間が苦手だ。

 

 

できれば私はそうでありたくないし、また、私を好きな人たちにもできるだけ柔軟な思考を持っていてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつふたつ譲れないことがあったっていいのだ。私だってある。

 

 

 

でもそれを他人に強要する気はそうそうない。

 

 

一緒にいる友達や仲間は、勝手に同じ考えが集まるし困ることはさして無い。

 

 

 

 

前述したように、私は音楽的な自分語りが苦手だ。

 

 

そもそも自分を表現することが苦手で、

 

その中で音楽がいちばん私の肌にあっていたんだ。

 

 

 

 

できれば音楽で表現したい。

 

だってそういう活動をしているのだからね。

 

 

 

 

 

 

だから少しだけ、違和感について話させてほしい。

 

ここから先は改行が減っちゃう。

 

もともと改行は苦手なのだ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは”音楽で表現する”ことで個性を得ている。

 

 

 

それ以上の個性はそれぞれの演奏やこだわりで違ってくるのだろう。

 

 

けれども、はたしてそれは語るべきことなのだろうか。

 

 

 

私が自分語りが苦手だからこんな風に思うのかもしれない。

 

今こうして書いていても恥ずかしいくらいには苦手なのだもの。

 

 

 

 

私はおそらく、クズだ。

 

 

そう言える理由はできれば控えたいのでさして書かないけれど、

 

 

やんわりと概要を言うならば、そんなに熱血思考ではない。

 

 

 

それでもこだわりが無いわけじゃない。

 

 

むしろ自分に関してのこだわりがけっこう強いと思っている。

 

 

 

 

それをあたかも知ったふうに言われるのが大嫌いだ。

 

 

 

 

 

私以外の人間の誰が、私のことをわかるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現に携わる人間には少なくとも必ず一定は「俺・私が正しい」という考えのやつがいる。

 

 

 

携わってないやつでもいるか。

 

 

 

 

 

 

 

私は普段遠回しな表現しかしないけれど、これだけははっきり言える。

 

 

 

 

大嫌いだ。それが。

 

 

 

 

 

 

いつも半端な言葉でお茶を濁す私だのにね。

 

 

 

 

 

 

 

誰が正しいんだ? お前か! 知るか!

 

 

 

 

 

私が思うに、誰も正しくなんかない。

 

 

 

 

 

 

 

ぼろ雑巾のように使い古された言葉を引用するならば「答えなどない」

 

 

 

 

 

答えなんかなければ間違いだってない。

 

 

 

だって当たり前だ。君の言葉通りに行動すれば、表現すれば人は大きくなれるのか?

 

 

 

 

 

せいぜい態度くらいだろう。

 

 

 

 

 

 

MCはこう、歌はこう、活動に対する姿勢はこう、

 

 

あーだこーだって。暇なんだろうなって思う。

 

 

 

実際暇じゃないと言えない。正直、啓蒙家気取ってる場合じゃない。私はね。

 

 

 

 

やりたいこと多いし、最近じゃFF14も始めて多忙なのだ!

 

 

 

そんな貴重なFFタイムを削って暇を作ってみたので、こんなことを書いてみている。

 

 

 

 

 

 

 

 

ついうっかり当てはまってイラッとしてしまった人にそろそろ省みて欲しいけど、

 

 

 

自分の姿を冷静に眺めたことはあるのでしょうか。

 

 

 

君の姿はそんなに立派だろうか。

 

 

 

 

会場いっぱいに、あるいは路上を埋め尽くすほどに

 

 

君は大きいのだろうか。態度ではなく、もっと大事なあれやそれ。

 

 

 

 

 

 

こんなこと書くの初めてだよ。

 

 

あくま生で一度も炎上を経験した事ないし、これからもする予定のない私だ。

 

 

 

 

 

敵をつくりたくないし、争いごとも避けたい。めんどうだからね。

 

 

 

 

だからお茶を濁すようなことしかいえないのだ。

 

 

 

それでもさすがに多すぎてびっくりした。

 

 

 

 

友達ともいえない、とおいとおい付き合いの人たちの話なんだけども

 

 

 

 

 

頑固な人が多すぎて物申したくなっちゃったんだよ。

 

 

どうせそのうち無くなる記事だ。

 

 

 

 

 

なので最後にでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっかい口でも叩いとこうと思う。

 

 

 

 

 

私は啓蒙気取った発言してる人間よりよっぽどたくさん色々持っていると思っている。

 

 

 

強い言葉であたかも正しく聞こえさせるのは、中身が空だと知っているからだ。

 

 

 

 

私は自分に何もないことを知っているから、色々を血眼で見つけていった。

 

 

 

だから色々持っている。(と思うようにしている。ジッサイは自信なんて小指ほどもない)

 

 

 

 

 

人間はそもそも何も生まれ持たない、と私は考える。

 

親のスペック、生まれた家というブランドもろもろすべてを引いて、自分のみを見て。

 

 

 

 

そして魅力なんかは後付けだとも思う。自己の行動で生まれるものなんだと。

 

 

 

(私はまだ行動が足りない。だから魅力がまだ生まれない)

 

 

 

 

 

いつも話が脱線してしまって的を射ないから、私はやっぱり自分語りには向いていない。

 

 

 

 

 

から、最後に自分の考えをまとめる為にもう一度整理して、補足して簡潔に書いとく。

 

 

 

 

 

他人の表現の仕方はそれぞれで、未熟だったり仕上がっていたりする。

 

それを「違う、正しいのはこうだ」と押し付けるのはそもそも、答えのないことが特色の”表現”という世界には不相応。

 

人のものに対する姿勢も違って当然。ちやほやされたいからする人もいれば、他人なんてどうだっていい人も勿論いる。

 

 

それも正しいなんてひとつもない。

 

正しい事は!って声を荒げているのは「無知の人を啓発して正しい知識に導いている、と勘違いしている」だけだと思っている。

 

 

だってそう言っている人は非常に暇そうな人が多い。

 

 

暇があるならさっさと自分磨きしておきなさい。筋トレとか。オススメ。

 

 

これは全部ただただ私の勝手な考えだということももっかい付け加える。

 

だって、私が正しいと言いたいわけじゃない。

 

 

正しいことなんてないんだから、正解を求めようとしないほうが賢そうじゃない? って言いたいだけだもん。

 

 

……やっぱり私に自分語りは向いていない。